読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康と美容アイテムでコンプレックスを脱ぐ!

健康と美容に役立つ情報を日々更新しています。ただ、食べるだけ、飲むだけの読んで勉強になった、面白いことが分かった!などの情報も見てけています。あなたのコンプレックスを解消していただけるようなためになる情報が見つかれば幸いです。

早口言葉 が肺炎を予防する?よく耳にする誤嚥性肺炎という言葉

健康

早口言葉が肺炎を予防の一つの方法になるようです。 肺炎は高齢になるばなるほど怖い気がしますよね。 最悪、命の危険にもつながるのが一番怖いところです。今朝、テレビで観たんですが、肺炎の予防には早口言葉などが良いようなんです。

まずは口をきれい

肺炎予防の肺活として、まず1つ目は口の中の状態です。肺炎予防として、まず口の中を綺麗にしている事が重要なんです。 清潔にすることが大切。方法としては至ってシンプルで歯を磨くことです。ただ、ここで重要なポイントはが一つあるんです。 それは歯を磨く時間だそうです。細菌が増えるのは寝ている間と聞いたことがあるのではないでしょうか、 それを防ぐ為にも、夜眠る前に歯を磨くことを忘れないようにしましょう。あくまで私の場合ですが、 歯間ブラシも使うともっと良いと思います。やっぱり歯の間にも食べカスというか菌が残っていますので、 それをすべて取り除くのは難しいですが、少しでも取り除いてあげると後々効いてくるように思います。

早口言葉を3分程度

2つのは舌です。食べ物を飲み込む時など、私達は普通、あまり気にしたことはなかったですが、 舌を上あごにぐっと押しつけてるんですよね、その圧力を舌圧と言うんだそうです。私もとにかく勉強になりました。 この舌圧が低下してしまうと誤嚥しやすくなって、誤嚥性肺炎につながります。この言葉はよく聞きますよね。 舌圧は歳をとると低下してしまうものですが、それだけではなく、柔らかいものが好きで、 食べて食事が短い人なども注意したほうがいいようです。そこで出てくるのが、舌圧の強化に早口言葉がスゴく良いようです。 1日3分程度すると良いようですが3分て、私もやってみましたが意外に長いんですよね。でも、これはあくまで私の場合ですが、 気分転換にもなるので、出来れば毎日楽しみながら続けられればと思いました。疲れた時の深呼吸みたいな感じで。

食べる姿勢

最後は食事の時の姿勢です。誤嚥性肺炎を防ぐ為に重要なのは食事をする時の姿勢も大切なんだそうです。聞いていてなるほど!と思いました。 私の場合、姿勢が悪く猫背なため、前かがみになって、たまにつかえる事もあったんですよ。 椅子に座ってアゴを引く、前かがみになるのはやや少しでいいようです。アゴを引くのが重要で、 これで口の中と気管に角度がついて、誤嚥しにくくなるんだそうです。 あとは肺炎球菌のワクチンを受けた方がいいのは間違いないですよね。 一度受けれてしまえば効果は5年くらい続くようですから。 いつまでも元気に過ごすための一つの方法として参考にして頂ければと思います。